いよいよアドバンスシリーズを試してみようかと

家のスイッチ類といえばパナソニックの寡占状態が続いています。最近……といっても2014年にアドバンスシリーズが登場していますが、職人用も含めてホームセンターでまだ見たことがありません。どこかで売っているのかもしれませんが、そろそろ試してみたいと思います。

アドバンスシリーズの特徴は、リンクモデルなどのネット連係まで視野に入れたものが象徴的に取り上げられていますが、通常はこれまでのスイッチやコンセントの代替です。コスモ21が出っ張っていたデザインだったのに対して、その前のフルカラーなみに出っ張りが戻っています。

スイッチに関しても押す部分(ハンドル)が少し小さくなました。

そして、ランプの色も変わりました。非点灯時のランプ、いわゆる、ほたるスイッチの照明色はコスモの緑からアドバンスは白に変わっています。白が見やすいかどうかは不明ですが、点灯部分の形状違いにより、LEDの光自体は上がっているらしく、もしかしたら消費電流も上がっている可能性があります。1-2個なら誤差程度ですが、これから先、日本全体の待機電流アップというようなことにならないことを願います。

ただ、残念なことにプッシュスイッチは相変わらずで、オルタネート動作なのでランプが付いていなければ入っているのか切れているのか判断できない不便さはそのままです。

プッシュスイッチがいやならフルカラーにするか、東芝ライテックや神保電気に頼るしかない状況にかわりはありません。個人的にはIV線をむく長さが統一され、ケーブル外しにプラスドライバーでも対応できる東芝ライテックが好きなんですが、なかなか世の中の人は認めてくれないようですね。

そして、購入方法ですが、まずは楽天かYahoo!ショッピングのなかから適当は販売店を選び買うしかありません。入手次第、比較をお知らせしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください