雷の季節、雷保護のグッズは役に立つ? それよりもっと有効な対策がある

この時期になると困るのが落雷です。直撃雷を食らってしまったらかなりの電気製品の故障を覚悟するばかりか、最悪は火災にまで至ることがあります。もちろん、人体にも何らかの影響があるはずです。被害を少なくする方法がいくつかあります。

まず、落雷とは上空の雲と地表との間に電気が通ることです。自分の家が電気が通らない状態になれば雷は落ちません。雷対策としていわゆる「避雷針」というものがありますが、その効果は、避雷針に落ちやすくして、その結果、周囲に落ちないようにする、というものです。避雷針は個人宅で設置するものではありませんので雷対策にはなりません。

では、電気を通らないようにするには、上方面へ電気が放電しやすくするものをなくすことです。家のいちばん上の突起はテレビアンテナという家が多いですが、最低限まで低くしたいです。特に東京ならスカイツリー、大阪なら生駒山が見えている家なら見える範囲で低くしても変わりません。できればテレビ写りを見ながらどこまでも低くするといいです。無意味に鉄の棒を高くしては雷を誘いますし、落ちたらテレビは一発で焼損です。

次に雷が近づいてきたらテレビのアンテナ線を外すことです。ちょっと外した程度ではあまり意味ないので、うんと遠ざけましょう。

次に電気製品はコンセントを抜いてこれもコンセントから遠ざけます。電源を切ったり、スイッチ付きタップのスイッチを切った程度ではあまり意味がありません。できるだけ離すことが雷から守る秘訣になります。

パソコンはまさにそれで、雷に用心するならパソコンはノートパソコンにして、雷が近づいてきたら電源も有線LANも一切の配線を外しておくとよいでしょう。雷の季節でパソコンを置いてでかけるときも一切を外しておくと安心です。

とにかく、配線が外せるものは徹底的に外して離すということが重要です。もし、アース付きの機器で、ネジ止めターミナルになっていて外しにくいというものもあるかと思いますが、アースは雷を誘う最重要項目ですので、できれば外したいところです。

100Vのエアコンや洗濯機、電子レンジなどで、壁のコンセントがアース付きになっているなら「逆接地アダプター」などの変換アダプタを使っておくとアースごとすぐ外せて便利です。パナソニックのWH2881や明工社のOA用逆接地アダプター ME2966とそれらのOEM品です。トイレの温水洗浄便座にこのアダプターを付けておくと掃除のときに便利なときもあります。

 

 

 

 

 

さて、雷保護のグッズが多数あります。サージプロテクタなどです。これは何の効果があるかといえば、雷の誘導雷が回り込んできたとき、高い電圧がかかったときにショートさせて内部を破壊するような高い電圧にならないようする素子を入れたものです。

しかし、直撃雷はもちろん、誘導雷でも大きなものがくればそんな小さな素子は一瞬で焼け飛んでしまいます。近所に落雷があった場合で雷の電圧が回り込んできたときにちょっと保護できるかな、という程度です。過信はしないように。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください