PinT の既存者向け隠しプランで夜間激安の「朝得プラン」「夜得プラン」「半日お得プラン」「土日お得プラン」を継続

電力自由化で電気料金が安くなったと言う人もいますが、電気料金に詳しい人からみれば、太陽光発電があったり、エコキュートがあったり、電気自動車の充電をしたり、昼間はいなくて夜も遅めに帰って来る人は圧倒的にお得なプランが廃止され、自由化なんて決していいことじゃないと思っているはずです。

東京電力のエリアに限定すれば、特にお得なのは以下の3つです。夜間や深夜の1kWhあたりの単価が13円前後という激安プランです。

  • 朝得プラン
  • 夜得プラン
  • 半日お得プラン

今から入るのは無理で、2019年3月末で提供終了となっていますが、現在このプランを選択している人は、東京電力子会社のPinTに移行することで使い続けられます。いつまで供給してくれるかは不明ですが。

http://www.tepco.co.jp/ep/archive/20180525.html

PinTは表だってのプランは従量電灯BやCなどに相当する一般的なものしかありませんが、販売パートナー向けに専用の料金プランを設定できるとあるので、東京電力エナジーパートナーが販売代理店になって専用プランを提供しているものと思われます。

なお、PinTの案内では、これらのプランから一般プランに変更してしまうと、PinTでこれらのプランに入ることはできないとされています。ご注意ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください