屋外コンセントはデザインのいいものを使ってみたい

屋外コンセントの位置や配線は重要ということをずっと前に書いています。これから屋外バーベキューなど、庭でのイベントにいい季節です。そこで、屋外コンセントをちょっと凝ってみたいと思います。

家の屋外コンセントの位置は重要。テキトーにすると痛い目にあうかも

まず屋外コンセントといえば昔ながらのアイボリーとベージュのものがありますが、最近ではもう少しデザイン性の高いものもあります。パナソニックではスマートデザインシリーズとしてあり、屋外コンセントだけでなく、屋外に設置するコンセント類とデザインとカラーを合わせるようになっています。もちろん、EV充電用のコンセントとも色の統一が可能です。

スマートデザインシリーズでは、色がホワイトシルバー、シャンパンブロンズ、ホワイト、ブラックの4色があります。外壁が真っ白だったり真っ黒という家は家に合わせてもいいですし、シルバーや薄いブロンズのサッシやドアや雨水パイプなどと同じようにアクセントとして屋外コンセントの色を選んでもいいでしょう。

 

 

 

 

同じデザインの3口タイプやコンセントではないですが、明るさでON-OFFするいEEスイッチ付きや、防雨入線カバー、鍵付き、ジョイントボックスもあります。

また、東芝ライテックも同様のものはあります。Exterioシリーズです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【東芝】 アースターミナル付接地防水ダブルコンセント DC1102E
価格:1217円(税込、送料別) (2019/4/22時点)

楽天で購入

 

 

なお、東芝ライテックについては、デザインに凝ったシリーズでなくても、通常シリーズでカラーバリエーションがありますので、ブラウン、ホワイト、ベージュならこちらを利用する手もあります。

 

コンセントについては、現在のアイボリーとベージュのクラシックなものから交換も可能です。あまりに古いコンセントはコンセント部分が外気にさらされる劣化もありますので、思い切って交換し、さらにデザインも凝ってみるというのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください