テスラモデル3が大幅値下げ、いよいよ電気自動車普及の第2フェーズか

電気自動車の象徴的存在のテスラのモデル3が大幅値下げです。モデル3のスタンダードレンジプラスの車両本体価格は429万円(オプションなし)になり、日産リーフに対して価格は近づき、電気自動車としてもバリューやブランド、さらに将来のリセールを考慮すればリーフよりも好条件かもしれません。

https://www.tesla.com/ja_jp/model3

今回の値下げは、中国生産&バッテリー変更だという話しもありますが、今やブランドとして品質を担保しているなら生産地による差異は少ないばかりか、特殊な製造ノウハウの必要がなく、既存のバッテリーの進化も成熟した電気自動車では、中国生産を下に見る理由は全くありません。

429万円というのはモデル3のオプションが全くない状態ですが、オプションといっても日本車やドイツ車のようにある程度オプションを積み上げないと乗れないというものではありません。ただし、この金額はボディカラーがパールホワイトのみの価格ですので、他の色が欲しい場合は12万6000円~25万1000円のプラス。普通に乗るにはボディカラーくらいのオプションで十分ではないでしょうか。

それでも、欲しくなるのは「自動運転対応機能」です。オプションで87万1000円ですが現在は駐車のオートパーキングだけですが、アップデートが予告されて高速道路の自動運転や楽しい機能もあるので、欲しいオプションです。

しかも、このオプションはクルマを買ったあとから追加可能です。ソフトウェアの代金ということだと思うのですが、ひとつだけ注意があります。この機能のオプションは値上げを思わせる記述がしてあり、機能が増えるたびに「自動運転対応機能」の値段が変わる可能性があるとしています。最初から付けていればアップデートにそのまま対応しますが、あとからだとアップデートしたあとの機能に応じた値段ということなのでしょう。

話しは戻ってモデル3スタンダードレンジプラスのバッテリー容量は55kWhとされています。リーフの標準車よりも大きく、しかもモデル3スタンダードレンジプラスのEPA電費はリーフよりも良い6.4km/kWhとされています。

実際にはどの程度になるかは気候や走行状態で大きく変わりますが、リーフ標準車よりも航続距離だけは長そうです。そして、テスラの場合はテスラ専用の充電スタンド「スーパーチャージャー」を使えば充電時間が短くなります。もちろん一般的な充電会員になっていてテスラ用のCHAdeMOアダプターを持っていれば街の急速充電も使えます。

そして、この値下げの影響がほかの電気自動車、特に電気自動車の象徴的存在であるリーフに波及してほしいところです。リーフはもしかしたら赤字だったのかもしれませんが、実質的にコストカットのマイナーチェンジである「モデルチェンジ」を経て現在に至ってますので、価格の調整余地があるかもしれません。





テスラモデル3が大幅値下げ、いよいよ電気自動車普及の第2フェーズか” に対して2件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    中国生産品の方がアメリカ生産品より品質良いと言われてたりしますからね。

    1. 電気仕掛けの家 より:

      コメントありがとうございます。
      その可能性もありそうですね。中国生産はいまや価格やオーダーの仕方で最高級からその反対までさまざまに作り分けてきますからね。

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください