ラップも道具なしで、肉まん・あんまんを電子レンジでフカフカにする方法

寒くなってきて、電子レンジで肉まん・あんまんを温めることもあるかと思います。一般的にはラップがけか専用のスチーマーを使うとおもいますが、ラップも何も使わずに表面をパサパサにしない方法があります。ラップを使わないので今流行りのプラごみ問題にも対応します。

肉まんと小鉢状のお皿を用意します。お皿は肉まんとジャストフィットするサイズがいいのですが、最近、肉まんが小さくなっているため、この皿だと少し大きいです。できればこの肉まんだともうひと回り小さい皿が望ましいです。

ここがポイント。肉まんをひっくり返して、表面をお皿に密着させます。そして、下の紙を広げてラップのようにします。密着させることで皮の表面がパサパサになりません。

お皿がもうひとまわり小さいともっといいです。

レンジでだいたい30秒くらいでしょうか。完成です。肉まんは上が包んだような形状のものとそうじゃないものがありますが、つるっとした形状のほうがうまくできます。包んだ形状のものをこの方法でやると、ちょっと潰れた感じになります。

表面がお皿に密着しているので表面はパサパサにならずフカフカです。

紙を剥がしたところですが、スチーマーと違ってこの部分が水でベチャベチャになることもありません。

スチーマーを使ったり手間をかけるより美味しくなることはないかもしれませんが、ラップを使わず、洗い物もなく、そこそこの肉まんあんまんが楽しめる方法です。電気を使った調理って手軽です!

なお、肉まんあんまんは冷凍ではなく冷蔵タイプで。冷凍タイプでは試していません。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください