屋外設置のカメラのケーブルは有線LAN? それともWi-Fi(無線LAN)?

庭から建物側を見るようなカメラを設置する場合、ネットワークは有線がよいか無線がよいかは迷うところです。

Wi-Fi(無線LAN)

  • カメラに無線LANを内蔵していることがほとんどなので配線は電源だけでよい(メリット
  • 電波が届かない場合があり、中継器や別途無線LANアクセスポイントが必要になることも(デメリット

有線LAN

  • 接続は確実でデータ伝送の安定度も十分(メリット
  • 線を外されてそこから家のLANに侵入される恐れがある(デメリット
  • 有線LANインターフェースがない場合、そもそも利用できない(デメリット

安定度としては有線LANといきたいところですが、セキュリティなどの問題から現実的には無線LANを選ぶほうがよいと思われます。

ただし、IoT機器全般に言えることですが、信頼できるメーカーの製品でない場合、家のLANにつなぐと何か悪さをする可能性があります。LAN内の情報を盗んだり、無線LANの接続のためのパスワードを外部に漏らしたり、ほかにも信頼できないネットワーク製品は何をやらかすかわかりません。

理想としては、家庭内LANとは切り離してインターネットと接続する無線LANネットワークを別に構築しておくとよいでしょう。そうすれば、多少は怪しい機器を繋いだとしても被害を最小限に済ますことができるでしょう。

中継器はこれですが、できるなら別セグメントの無線ネットワークを構築して、バックドアを仕掛ける恐れのあるIoT機器は別ネットワークからインターネットに接続することが望ましいです。

 

別セグメントのネットワークといってもメインとは別の無線LANルータを用いて別セグメントとなる無線LANネットワークを構築します。ちょうど二重ルータになるネットワークです。別セグメントのネットワークからインターネットには出ていくことができますが、親セグメントあてのパケットは通過しないような設定をしておけば、行儀の悪いIoT機器でも少しは安心です。

 

屋外設置のカメラのケーブルは有線LAN? それともWi-Fi(無線LAN)?” に対して1件のコメントがあります。

  1. NN より:

    自宅に設置予定です。実際のカメラなどの情報も教えていただけると助かります。

    1. 電気仕掛けの家 電気仕掛けの家 より:

      コメントありがとうございます。近日中にまとめますね。少しおまちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください