タカギのシャワーヘッド、キモチイイシャワーはどれを買ったらいい?

タカギの水流の強いシャワーヘッド「キモチイイシャワー」ですが、無理やり紹介されているので割高で怪しいモノと思われがちですが、値段も1000円以下から購入でき、実用的でけっこういいモノなのかもしれません。

シャワーヘッドの交換が流行中? タカギの塩素除去とかキモチイイシャワーはリーズナブルなシャワーヘッド

しかし、いざ買うとなると種類がたくさんあり、どれを買ったらよいか迷います。タカギのWebサイトにも4色のパッケージの集合写真がありますが、自分がどれを買ったらいいのかわかりやすい説明がないようで、せっかく調べたのでここに公開します。

例の塩素除去のものに対応するのはキモチイバブルシャワピタ、エアービートシャワピタなどを除くものです。対応するシャワーヘッドは9種類とそのうち8アイテムにはホースがセットになったホースセットがあり、合計17アイテムが塩素除去に対応します。

そのうち、インスタなどで話題になっているメッキでピカピカしたものが【JSB022M】メタリック キモチイイシャワピタWT です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

takagi/タカギ JSB022M メタリック キモチイイシャワピタWT
価格:2162円(税込、送料別) (2019/1/26時点)

楽天で購入

 

それ以外は白のボディです。8アイテムあります。

まず、「シャワピタ」と名前がつくものは手元でシャワーが止められます。シャワピタがつかないものは止められません。

次に、節水タイプとそうでないものがあります。節水タイプは水圧が低くてもシャワーに勢いが付くとなっています。水がしっかり当たってほしいなら節水タイプを選んだほうがいいでしょう。通常が「S」、節水が「T」です。

最後は、シャワーの範囲です。スリムとワイドがあります。ワイドには「W」が付きます。

以上で8種類です。下記にはすべて販売リンクがあります。おそらく迷ったら「WT」で手元でシャワーが止められるタイプ【JSB022】が万能だと思うので、あとはホースの付属の有無で決めるのがいいと思います。

【JSA011】キモチイイシャワーS(スリム、黄色パッケージ)
【JSA012】キモチイイシャワーT(節水スリム、黄緑パッケージ)
【JSA021】キモチイイシャワーWS(ワイド、赤パッケージ)
【JSA022】キモチイイシャワーWT(節水ワイド、青緑パッケージ)

【JSB011】キモチイイシャワピタS(手元スイッチ、スリム、黄色パッケージ)
【JSB012】キモチイイシャワピタT(手元スイッチ、節水スリム、黄緑パッケージ)
【JSB021】キモチイイシャワピタWS(手元スイッチ、ワイド、赤パッケージ)
【JSB022】キモチイイシャワピタWT(手元スイッチ、節水ワイド、青緑パッケージ)

これに加えて、ホース付きが8種類です。これもリンクを付けました。ホースが破れたりして交換するにはよいのですが、長さやシャワーヘッドのフックサイズが変わってしまい、シャワーが使えなくなってしまわないように注意してください。

【JSA111】キモチイイシャワーホースセットS(スリム)
【JSA112】キモチイイシャワーホースセットT(節水スリム)
【JSA121】キモチイイシャワーホースセットWS(ワイド)
【JSA122】キモチイイシャワーホースセットWT(節水ワイド)

【JSB111】キモチイイシャワピタホースセットS(手元スイッチ、スリム)
【JSB112】キモチイイシャワピタホースセットT(手元スイッチ、節水スリム)
【JSB121】キモチイイシャワピタホースセットWS(手元スイッチ、ワイド)
【JSB122】キモチイイシャワピタホースセットWT(手元スイッチ、節水ワイド)

なお、メタリックは「シャワピタ」で「WT」となっていますので、節水タイプのワイドで手元で水流が止められるタイプということになります。

いずれも塩素除去フィルターと組み合わせ可能です。

なお、Amazon限定モデルもあります。節水タイプのワイドで手元で水流が止められるタイプで、部分的にメッキになっているモデルです。さらに塩素除去フィルターとセットのものも用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください