リーフ(電気自動車)からの給電はけっこう難しい

停電になると電気自動車からの給電が有効だなと思うかもしれません。現行リーフなら40kWhあって一般家庭なら家族で3日くらは余裕そうです。ですが、取り出しはけっこう面倒です。

通常のクルマだとシガライターソケットに100Vのインバーターを接続して電気をとります。人気コンビニが北海道の停電時にやって話題になっていたやつです。クルマの発電機容量はいろいろですが、仮に100Aとすると12Vなので1200W程度です。変換ロスもありますので、クルマから1000W程度が限界です。

このとき、インバーターの入力やその周囲のケーブルは100Aくらい流れているということです。もっとも1000Wタイプでシガライターソケットに差し込むタイプはなく、直接バッテリーやオルタネータに接続すると思います。シガライターならヒューズもあるのでそこまで電力が取れるものはないと思います。

コンセントがオプションで装備できるハイブリッド車やプラグインハイブリッド車はもともと強力な発電機でバッテリーまで装備。コンセントをつければ非常に便利に使うことができます。

では、電気自動車なら巨大な電池があるから大丈夫かというとそうでもないようです。電池の出力を直接変換できれば大電力が取り出せますが、12Vは補機類や補機類バッテリーの充電程度しか容量がありません。12V系統から取り出すのふつうのクルマ程度ということになります。

EVのバッテリーの出力に直接つなげる必要があり、それが急速充電の「CHAdeMO」規格です。充電だけでなく取り出しもできます。使う機器はCHAdeMO対応機器ということになり、よく見かけるのが「ホンダ Power Exporter 9000」などです。これなら9kVA取り出せます。ざっくり9000Wと考えていいでしょう。

ただ、残念なことにPower Exporter 9000をはじめCHAdeMOから電気を取り出す機器は高いです。Power Exporter 9000の価格は税別109万2593円。一般人が買うものではないので、楽天でもAmazonでも扱っている店はないようです。また、家の電気系統に組み込んで急速充電もクルマからの給電を受けるなら、三菱電気のV2Hなどを使う方法があります。

一部のハイブリッド車やプラグインハイブリッド車のように、コンセントを設けるオプションを設けてくれればいいんですが、今のところ日産リーフにはそんなオプションはなく、電気自動車を家の電源とするのにはハードルが高いです。

今のところ、停電時に電気が使えるクルマはコンセントをオプション装備ができるハイブリッドやプラグインハイブリッド車が一番ということでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください