つまりやすいトイレットペーパーを買ってしまったら、吸盤のすっぽんも常備を

ここ数日のトイレットペーパー騒動で、外資系会員制スーパーのオリジナルトイレットペーパーが人気のようです。それは紙が分厚くてトイレつまりを起こしやすいという評価をよくみかけます。この騒動で入手してしまった人は、トラブルが起きる前にトイレの吸盤を用意しておくといいかもしれません。

今晩(3月2日23時59分)までのAmazonのタイムセールでも、トイレのつまり取りがいくつか対象に入っています。

最も基本的な吸盤タイプのほかに、ピストンや空気圧をためて一気に押し出すタイプなどさまざまです。

また、圧でなんとかするほかには、曲がる棒状のもので詰まっている対象物を突き崩したり、場合によっては掻き出す方法も必要かもしれません。

特に最近の水を使わないタイプの便器では水の量が少なければ本管まで到達できないモノが堆積しているかもしれませんし、途中の配管に渦水流を起こすものを挟んでいるような場合は、従来のものに比べて異物が詰まりやすいのは当然といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください