電源タップは安全なものを(定期アップ)

ザ・タップマルチ

電源タップにUSB充電がついているものがあり、人気を集めています。しかし、ひとつになって便利な反面、本当に安全面で大丈夫なのかという恐れがあります。

最近見たのものでは、USBポートが8、AC電源が6というもので、なぜか合計で1500W超えです。紹介する人の誤解から個々のポートを足し込んでしまって1500W超えということはよくありますが、どうやら表示のところに1500W超えの数値が書いてあるという怪しいモノ。

実は125V計算なのでそういうことのようですが、出力自体は13Aとなり、100Vで1500Wには対応できないんじゃないかという恐れもあります。そして、USB部分の電力もあるので、その部分で約50Wの出力があり、変換時の損失も入れてマージンを取ると、コンセントの入り口のほうは15A程度、それでも、出力のほうは最大13Aということなのでしょう。

いずれにしても、タップとしての信用度は少し落ちます。こういうものを使うのはちょっと推奨できません。

基本的には、タップは十分な太さの電線と良質な差込口のバネが備わり、コンセントの物理的強度も重要です。となると、少し怪しめの恐れのある製品は、できれば避けたくなるところです。また、発熱の問題から、他ポートUSB充電器とは距離をおくほうが望ましく、一体型はおすすめしにくいです。

ちなみに、毎回良質な電源タップのひとつとして紹介しているパナソニックのザ・タップシリーズですが、「ザ・タップマルチ」として差し込みしやすいシリーズもあります。WHA2916WKPは6個口の1mタップですが、コンセントが斜め配置になっているので、干渉しずらくなっています。自分もいくつか愛用しています。それでも、最近の太いボディのACアダプターだと干渉しやすいかもしれません。

一日も早くパナソニックには、ACアダプターの干渉をクリアにしたコンセント間の間隔の大きなタップを出してもらいたいところですし、そのほかの電材メーカーも、安全面でうなりそうなものを開発してほしいところです。

参考までにザ・タップマルチの6口タイプを紹介します。コンセント密集場所で増やすのに便利なのはさきほどのWHA2916WKP、コードが2mでスイッチ付きがWHA29262WKP、WHA29262WKPにサージプロテクターを入れたものが付きがWHA292627WKPです。

横向きのACアダプターを多く指す場合はザ・タップXのような並びのほうが使いやすいかもしれません。ザ・タップXで6個口で1mはWHA2516WPとなります。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック Panasonic ザ・タップX6コ口(1m) WHA2516WP (ホワイト)
価格:953円(税込、送料別) (2022/5/24時点)

楽天で購入

 

 

電源コードの火災防止は、過電流防止なんたらよりも、高品質かつ劣化してないタップを使うこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください