地震の備えには感震ブレーカーを付けてみることがいちばん有効

大阪で大地震が起こりました。地震の備えはいろいろありますが、電気関係の災害を防ぐには感震ブレーカーがいちばんかと思います。それも簡易型でなくて分電盤に内蔵する正式なものをおすすめします。

このブログでも何度か記事にしています。

3.11に備えて感震ブレーカー(BQX702)を分電盤に導入した~装着・設置編

3.11に備えて感震ブレーカー(BQX702)を分電盤に導入した~購入編

導入するならちゃんとしたものを選んだほうがいいです。簡易型ではすぐに電源を切ってしまうため、不都合が発生する可能性があるほか誤動作も心配です。

すぐに切ってしまうことの不都合とは、夜間ではすぐに真っ暗になってしまうことです。

また、感震ブレーカーを導入する前には、生命維持のために電源を必要とする装置などがある場合は、地震が発生して電気が切られた場合にどうなるかなど、よく考えてから導入することも必要です。

下記がオススメの分電盤内蔵のもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください