いよいよ明日12月1日からBS 4K。間違えて買ったり、不当な工事に注意

いよいよ2018年12月1日からBSで4Kや8Kの放送が始まります。ぜんぜん盛り上がっていませんが。

まず、新4K8K衛星放送対応テレビ、またはチューナーが必要です。「4Kテレビ」と「新4K8K衛星放送対応テレビ」は違いますので注意してください。

新4K8K衛星放送対応テレビは現在のところ東芝、三菱、シャープ、発売予定のハイセンスにあります。他のメーカーの4Kテレビは別途チューナーが必要になります。

対応テレビやチューナーを用意して、今のテレビに換えてBSアンテナを繋げば、NHK BS4Kと既存のBS民放5局が見られます。

新4K8K衛星放送がもうすぐ…… 今、買うべきか? 何を買えばいいか?

次に、パラボラアンテナ(BSアンテナ)が2016年後半くらいより後に買ったものなら、NHK BS8Kや、JSPORTSの4Kなども見ることができます。NHK BS8Kや、JSPORTSの4Kなどは「左旋」と言われている範囲の放送なので、BSアンテナが対応していないと絶対に見ることができないからです。

映らなけば、まず新しい仕様のBSアンテナへ交換が必要です。

その先が問題です。まともなBSアンテナ工事をしているなら、これでだいたい大丈夫です。BSアンテナを交換してもNHK BS8KやJSPORTSの4Kなどが見られない場合、途中のケーブルや分配器などをチェックしていくことになります。

無線LANなどに影響のある妨害電波を漏らさないためには、たとえ映ったとしてもチェックが必要ですが、

ここで、注意。アンテナケーブルや分配器やブースターを対応に交換が必要と言う人もいますが、必ず交換する必要はありません。アンテナケーブルや分配器やブースターは対応品といっても「左旋」と言われている範囲の周波数の通過を確認しているだけで、以前のものが使えないわけではないからです。

特にケーブルは以前のものと規格も何も変わっていません。使えたことが確認できたらから「対応」と表示しているだけです。ですので、不当な工事をされないように注意してください。とはいえ、ケーブルの劣化によってうまく映らないこともありますので、ケーブル交換を提案されたからといって、即、不当工事ではないことにも注意してください。

アンテナについては詳しくはこちら

新4K8K衛星放送がもうすぐ。新しいパラボラアンテナが必要? 対応テレビは?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください