新4K8K衛星放送がもうすぐ。新しいパラボラアンテナが必要? 対応テレビは?

2018年12月1日から新4K8K衛星放送がはじまります。ネットの時代、「新」と付いているとどの時点で「新」かわかりませんので2018年12月1日開始の「新」です。区別する方法としては110度BS・CSの4Kとあるのが今回の新4K8K衛星放送です。

全く盛り上がってないと言ってもいい理由は「わかりにくいこと」、対応製品があまり出てないうえに対応可否がもっとわかりにくい、そして、新4K8Kで何が見られるの? といったことに対しても明確な答えがありません。紅白が8Kで見れるよ、というくらい。

そもそも、4K8Kの解像度で化粧(ドーラン)たっぷりの芸能人の顔を見て楽しいかって問題もありますが、そのへんは置いておいて……新しい放送を見るには何が必要かをおさらいします。

必要なものは「新4K8K衛星放送対応テレビまたはチューナー」

直前までほとんど発売されていませんでしたが、少しづつ登場しているほか、東芝のようにアップデートで対応するものもあります。そして、録画機はほとんどナシ。テレビは大手のはずのソニーやパナソニックが未発売(2018年11月16日現在)、東芝のように対応が進んでるけどアップデートや申込みが必要でわかりにくい会社もあり、もうぐちゃぐちゃ、と言うのが現状かと思います。

日々変わっていくので、情報をきちんと追うしかありません。ネットの情報も新旧混ざってよくわかりません。これから新たに4Kテレビを買うのに4~5万円するチューナーが別途必要とかばかげていますので、今なら三菱や東芝の対応テレビを選ぶことを強くおすすめします。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東芝 65V型4K有機ELテレビ「REGZA(レグザ)」 65X920(標準設置無料)
価格:542950円(税込、送料無料) (2018/11/16時点)

 

 

 

このように、外付けチューナー不要でテレビだけで受信対応するテレビが登場しているのに「4Kと書いてあっても対応するテレビはまだないので、チューナーが必要」って書いてあるサイトやチラシが未だに多くあるのと、対応テレビを出していないメーカーは、チューナーは絶対必要と思わせるようにしているのも、さらに誤解を招いて混乱するところです。

とはいえ、結論として、今の段階でふつうにBS放送を見れているなら、新4K8K衛星放送対応テレビまたはチューナーだけ買ってきて、今のテレビのところに設置すればNHK BS4Kと既存のBS民放5局は見ることはできます。

BSアンテナとかケーブルとか交換が必要って言ってるのはなぜ?

NHK BS4Kと既存のBS民放5局以外、NHK BS8Kや、JSPORTSの4Kなどを見るには4K8K対応のアンテナなどが必要になります。

BS用のパラボラアンテナですが、少し電波に詳しい人なら、円偏波の回転方向が逆になるくらいなら受信感度が落ちるだけでそのままでもなんとかならないの? とか、円偏波の回転方向は受信機の問題では? と思ってるかもしれませんが、あれはアンテナであるとともにパラボラで集められたところに周波数変換装置がある受信機でもあります。さらに衛星からの電波は12GHz帯で直接波で受信していますので偏波面の違いは顕著に出ます。

そして、新4K8K衛星放送のうち、拡張された部分は円偏波の回転方向が逆なのと、そこで受信したものを変換する周波数(中間周波数)が異なっていますので、対応していないとどうにもならないということになります。

つまり、対応したパラボラアンテナが絶対必要です。幸いにしてパラボラアンテナは早い時期から対応製品に切り替わっていますので、今、ふつうに買えばほぼ対応でしょう。確認は必要ですが。

次に、アンテナの後に続くケーブルやブースターなどです。これはそのままでもなんとかなる可能性があります。しかし、新しくしないといけないと言われてるのは理由が2つあります。

1つは左旋円偏波で受信した部分の変換される周波数帯(中間周波数)が従来のBS・CSよりも高いところになるため、それに対応したケーブルやブースター、分配器が必要になるということです。

ケーブルについては新しい規格は出ていませんので、劣化していると高い周波数で減衰が大きいので映りが悪くなるかも? という程度ですが、ブースターはその周波数まで対応してない可能性があります。分配器や混合器、分波器そのままで大丈夫な可能性が高いですが、大丈夫なのが保証されたものは「4K8K対応」などと書かれて売られています。

実際にアンテナだけ取り替えてみて、問題があるならブースターなどの機器、最後にケーブルという順番で確認していけば、最小限で新4K8K衛星放送が見られるということになります。

ケーブルやブースターなどを新しくする理由がある

しかし、問題は2つ目の理由です。新たな中間周波数を使うことで、2.4GHz帯の無線LAN(Wi-Fi)やBluetoothなど広範囲に干渉します。ですので、ケーブルや分配器や混合器、分波器を見直せ、ということになっています。

新4K8K衛星放送に対応という要件では、F型コネクターなどシールドされた状態での結線が求められています。電波が漏れてしまうようなケーブル直付けでプラスチック筐体の古いタイプの分配器や混合器、分波器では、漏れた電波が他に悪影響を及ぼすからです。

中間周波数はBSアンテナに電源が入っているときは出力されるので、マンションはもちろん、最近の住宅にも多い共聴システムがBSアンテナに常時電源を供給しているような場合だと、24時間ずっと漏らすことになります。

こちらは従来ながらの右旋で、中間周波数も昔と同じ、過去に携帯電話の1.8GHz帯と干渉とか言われていた部分もあります

新しく左旋の部分は従来よりも高いところが中間周波数なので、2.4GHz帯などに影響ありです

自分だけ良ければいいという人はともかく、ここはちゃんとしたいところです。いや、ほんと、取り締まりをするべきくらいのことなのです。

ただ、4Kが出る以前から、いい加減な工事をしないで同軸ケーブルをきちんと扱い、まともなブースターや分配器などを使っているところは大丈夫です。そうなら無理に取り替える必要はないので、悪徳業者に不当な工事の勧誘を受けて不要な工事を高額でさせられてしまうことのないようにしてください。特に、アンテナ直下に昔ながらの混合器が付いてたり、パラボラアンテナが古かったりするのは外から見えますので、勧誘で狙われる可能性があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソニー 地上・BS4K・110度CS4Kチューナー DST-SHV1 《納期約3週間》
価格:53343円(税込、送料無料) (2018/11/16時点)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください