オーディオマニアの家の電源強化でCV38で引き込みは無理?

オーディオに凝る人の話しで、引き込みはCV38など38スケア(mm2)を指定するなどと言われますが、実際、38スケアで引くのはたいへんです。

まず、電柱から家の引き込み線取り付け点までのケーブルは電力会社の所有で、ケーブルの太さや種類は指定できません。契約容量や長さに合わせて向こうが決めてきます。そして、ユーザーとしては引き込み線取り付け点まで用意すれば、電柱からの部分は無料(東電)で引き込んでくれます。

次に、引き込み線取り付け点から分電盤までの配線です。「幹線」と呼ばれることが多いです。これは自分で用意するもので、自費ですから基準内で好きなものにできます。基準といっても、電力ケーブルであり、流れる電流に応じた太さがあれば、いくらでも太いものを使っても問題はないことになっています。

しかし、ここからが注意です。あまりに太いとブレーカーやスマートメーターなどと物理的に接続ができません。特にスマートメーターは支給なので、こちらも指定できず、一般家庭用の60A(契約だと12kVA)のスマートメーターの場合、22スケアまでしか接続できません。

つまり、アンペア契約で50Aなどの場合にはスマートメーターの前後は22スケア以下の電線である必要があります。

そして、60Aまでのアンペア契約よりも上の契約だと、家にある電気機器構成か、主開閉器の容量で契約容量を決めますが、概ね100A契約に相当する10kVA契約の場合、50Aの容量の主開閉器が必要です。分電盤の主開閉器(漏電ブレーカーを兼ねる)が50Aの場合、接続できる電線は22スケアまでです。

多少の工夫をすれば幹線は38スケアで引くことはできますが、スマートメーターを120Aタイプにしてもらえるかどうかは不明です。

では、主開閉器の容量で契約して、38スケアに対応する主開閉器はというと75Aや100Aになりますので、これを使った場合の契約容量は15kVAや20kVAになり、たとえば20kVAの月額基本料金は5720円(東京電力エナジーパートナー 従量電灯C)とかなり高くなります。

逆に言えば20kVAなどで契約すれば、引き込みに使うケーブルも太いものを使ってくれるでしょう。ずっと38スケアで電気を通したければ、契約容量をうんと上げればいいことになります。

ちなみに、アンペア契約で50A契約だと電柱からの引き込みは8スケアで引き込まれることが多いようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フジクラダイヤケーブル CV38SQ×3心 600V CVケーブル 切売 10m以上1m単位
価格:1672円(税込、送料別) (2021/1/28時点)

楽天で購入

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください