クラウドファンディングの納期が長い、長生きしないと楽しめないよ

一時期ほどの盛り上がりはありませんが、クラウドファンディングでモノを提供するというのはまだまだあります。スマート家電は結構多いです。ほとんどがリスク回避のための単なる「受注生産」となっていて、怪しげなものなどもあって利用には本当に注意しなければなりませんが、最近見たものは別の問題です。

ある面白そうなモノがあったのですが、納期が来年です。届くころには興味が変わってしまう可能性もありますが、人生の大先輩になると、利用できる期間を逃してしまいそうです。自分もそうならない保証はないので、クラウドファンディングの納期と自分の長生きや健康には注意しなければらないと感じています。

とはいえ、届くまでは健康でいよう、長生きしようというモチベーションになるなら、それはそれで納期の長いクラウドファンディングもよいことではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください