AMラジオ廃止が進みそうな感じですが、いつから廃止? 代替は?

AMラジオ放送が廃止になりそうです。総務省がワイドFMへの「移行」を認める方針で、早ければ2023年には廃止の局がでそうだということです。

ワイドFMへはほとんどのAM局が参加していますが、今のままだとAMとワイドFMの両方で放送し、維持費がかさみます。そして、その上でAMを廃止してもいいということになりそうです。

一部報道では2023年から廃止がする局でてきそうとあります。

ただ、残念なことに、ワイドFMも普及が進んでないはずです。ワイドFMは90.0MHzよりも上の周波数を使うことが多く、海外向けFMラジオなら入りますが、これまでの国内用の90.0MHzまでしか受信できないラジオでは聞けないことになります。

その上でAMが廃止となれば、新しいラジオを買わないとその放送局を聞けるラジオがないということになりそうです。

実際、維持費という面ではAM放送のほうが高くかかるはずです。送信所は広大な場所が必要ですし、場所も重要です。しかし、ワイドFMならテレビ塔などの高い場所にある送信所にお願いすればいいだけです。自社で設備を持つ必要もないですし、おそらく送信所にお願いした場合でもFMの送信設備のほうが安いはずです。

首都圏ならスカイツリーができたり、東京タワーのままの東京FMはアンテナがてっぺんになって驚くほど受信がしやくなっています。また、関西なら生駒山からの送信になるので、もしかしたらAMよりも電波が届きやすくなるかもしれません。

しかし、FMになったとたんに受信が困難になる地域もありますので、災害対策という面でも、AMを廃止していいのか、別の方法を考えるのか、なにか考えたほうがいいかもしれません。特に9月1日は防災の日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください