暖房の季節がやってくる。灯油価格はかなりばらつきがある

寒くなってきて暖房の必要な季節になってきました。マンション暮らしではまだ暖房が必要ないかもしれませんが、戸建てで風通しが良すぎる家や、標高が高かったり周囲に家がなかったりするところでは、もうかなり朝は冷え込んでいるのではないでしょうか。

電気で暖房する家はいいですが、石油でファンヒーターを使っている家の場合、灯油が必要になります。そこで、そろそろ灯油を買う時期ですが、今はまだ価格にかなりばらつきがあります。

18リットルで1700円くらいのところもあれば、1200円くらいのところもあるというように上下の差が激しい状態です。

しばらくして本格的な需要期になれば、平準化してくると思われますが、今、灯油を買う場合は、あまりに差が大きいので価格に注意して店を選んだほうがよいと思います。

調べるには、ガソリンスタンド情報のgogo.gsがあります。本来はガソリン価格ですが、油種の選択で灯油も登録できるため、灯油の価格も調べることができます。そして、近所に価格を登録を頻繁に行なってくれるユーザーがいれば、最新の情報を得ることができます。

まずはgogo.gsで近隣の価格を調べてみてはいかがでしょうか。ばらつきが多い今なら、調べてから店に灯油を買くのは重要です。

なお、灯油缶は幅広タイプもあり、クルマに積んでも倒れにくくなっています。後席足元に置く場合は幅広は置きにくいかもしれませんが、転倒防止の観点からも幅広タイプをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください