子供がいる家庭では、GoogleのChoromecastよりもFire TV Stickが有効

Amazonのセールでお得だからというのも少しありますが、子供がいる家庭ではChromecast with Google TVよりも Fire TV Stickのほうがいいです。

その理由は、Youtubeが使いにくいから。です。

最近、Google TV機能のテレビでYoutubeを限りなく見てしまうということが問題になっているようです。もうGoogle TVのテレビを買ってしまったなら別の対策を考えていただくとして、従来型テレビやモニターを使ってコンテンツを表示する場合、最近登場したChromecast with Google TVを使ってしまうとYotubeが見やすくなってしまいます。

Chromecast with Google TVでもYoutubeアプリをアンインストールできるのですが、ホーム画面にはYoutube動画のサジェスチョンが表示されますし、誘導がすごいです。ところがFire TV StickならYoutubeのサジェスチョンはありませんし、アプリにもアイコンがないのでわかりにくく使いにくい、この点だけでも Fire TV Stickを選ぶ理由になりそうです。

実際、できることはかなり似ています。主要な配信サービスのアプリが用意されていることは他と同じです。

最大の違いはChromecastとして他のデバイスからのキャストに対応していることでしょうか。特に同じネットワークにあるスマホアプリからのキャストが簡単にできるのは非常に便利ですが、それだけならChromecast with Google TVを買わずにキャストだけの素のChromecastを買ったほうがいいと思います。

すでにGoogle TVを買ってしまった人でYoutube対策をしたいのなら、テレビからネットワーク線を抜いしまい、 Fire TV Stickを別途使えばいいのですが、DLNAなどを有効活用しているなら辛いかもしれません。

なお、Chromecast with Google TVはGoogleの直販で7600円、ネットフリックスのセットが1万1200円。

https://store.google.com/jp/

しかし、 Fire TV StickはAmazonのセールで3480円。4Kバージョンが4280円です。モニターが4Kでなくても動作が機敏なので4Kバージョンを選んでおく価値はありますので、迷ったら4Kのほうをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください