SIMが入ってない端末でRakuten Linkが強制ログアウトされ、継続利用もできなく

かなり前から指摘されていることですが、Android版のRakuten Linkの仕様が変更になり。認証のSMSを飛ばす電話番号の入力ができなくなっていることを確認しました。あわせて、これまで認証済のものはそのまま使えていたのですが、とうとう強制ログアウトされ、継続利用もできなくなってしまいました。

Rakuten LinkでSMS認証認証をしようとする、電話番号の変更ができなくなったのは、そのスマートフォンに入っているSIMがRakuten UN-LIMITのものでなくなった場合です。では、Rakuten UN-LIMITのものであった場合は電話番号の変更は可能です。

しかし、その前の楽天IDでログインした電話番号にしか変更はできません。つまり、どうしても楽天IDに紐付いている電話番号でしか認証ができないことになります。

これとは別にiPhone版については、6月14日から仕様変更が予定されていましたが、6月24日に変更されています。案内されているとおりだと、Wi-Fiなどで接続されてRakuten Linkが有効でもモバイル回線が圏外であった場合の挙動が変わります。

Rakuten Linkを使っている回線から→ 着信
Rakuten Link以外の回線から→ 圏外で通話不可(変更)

ということになります。今までならRakuten Linkが有効になっていれば、モバイル回線がどういう状況であっても着信していたのとは大きな違いになり、楽天モバイルのRakuten Linkの使い勝手を大きく損なうことになります。はっきり言って圏外が増えてかなり困ることになりそうです。

Androidではどうなるかアナウンスされていませんので、近々試してみたいと思います。

https://network.mobile.rakuten.co.jp/information/news/service/647/



【2021年6月16日・iPhone版】楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」でモバイルルータで通信しながら別のスマホで「Rakuten UN-LIMIT」の通話をする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください