またまたQrio本体がバージョンアップ、1.2.3へ

お盆を前にして積み残しをなくそうというのでしょうか。またまた本体がバージョンアップです。1.2.3になりました。

アプリ起動時に毎回更新を確認するのですぐに更新表示が出るのはいいのですが、毎回確認する必要があるんでしょうか。インターネット接続状態がよくないときは待たされます。たとえば玄関前でスマホを構えてアプリ起動したとき。家のWi-Fiの調整をベストにして外に漏れないように調整していると回線が不安定になります。

つまり、けっこう待つんです。スマホは5GHz帯で使っている家では特に玄関先の接続が不安定です。そもそもの問題として普通に使う5GHz帯は屋外では使ってはいけないルールなので玄関出たら接続できないようにしないといけないのですが、玄関先はぎりぎりの状態なので、スマホもどっちで通信しようかと迷うのです。

そして、本体バージョンアップ履歴、どこにも残ってないみたいです。1.2.3は確か手動で操作したときの問題を解消・・・だったように見えました。

私にとってQrioに対する信用度はいまだ回復しないのですが、事実としてだんだん使えるようになってきたような気がします。“買い”という時期がもうすぐ来るのかもしれません。Amazonでは多少安くなっているようですし……。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 Qrio スマートロック Qrio Lock Q-SL2
価格:24840円(税込、送料無料) (2018/8/9時点)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください