宅配ボックスの無料モニターをリクシルが募集、利用者は増えるのか?

リクシルが宅配ボックス「スマート宅配ポストTB」のモニターを100台分募集します。カメラがあってスマートフォンのリモート操作ができるもので、遠隔で宅配ボックのカギを開ければ、すでに荷物が入っていても受け取れるというものです。対象は東京都江東区と江戸川区。

https://newsrelease.lixil.co.jp/news/2019/040_exterior_0124_01.html

対象範囲が狭いのが残念ですが、無料で使えるのはよさそうです。モニター期間は2019年5月1日から2020年1月31日の9カ月間で、その後、宅配ボックスはもらえるのか、回収されるのかは不明です。2月1日から専用サイトで募集が始まるので、そのときに明らかになるのかもしれません。

CEATEC 2018に行ってきた ~ リクシルのスマート宅配ポストは微妙

リクシルのスマート宅配ポストについては厳しいかなと思っていたのですが、無料なら試してみる価値はありそうです。現実問題としてカメラで見ながら、すでに荷物が入っている宅配ポストを配達業者のために開けてあげるというのはどうなんでしょうか。

ヤマトや佐川で馴染みの宅配員ならともかく、顔を知らない宅配員に宅配ボックスを開けさせるのは危険です。スマートフォンで遠隔操作しながら開けるかその都度考えればよいのですが、断ったら角が立つわけで、難しいところです。

該当の2区の人たちはモニターに応募してみるはいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください