クラウド怖い、AWSのトラブルにて考えること。スマートキーは開けっ放しや締め出し食らわない?

AWS(Amazon Web Services)の一部でトラブルです。この影響で落ちてるWebサービスが多数あるようで、今現在で不具合を起こしているWebサービスはAWSを使っているという可能性が高いということになります。

クラウドの是非はいろいろ言われていますが、これをもってクラウドは信頼性がないというのはちょっと違います。トラブルを自分でコントロールできないという点では困るかもしれませんが、トラブルが発生したとなったら専門の人が全力で復旧しようと対応してくれるというのが専門のところのメリットです。

ところが、オンプレミスのサーバーですと、トラブルが発生した場合は自分でなんとかするしかありません。小規模で自分だけが復旧担当なんて状況で別問題も同時に起こればパンクです。外部に保守を頼んでいたとしても、大規模クラウドに比べると全力で対応する人の数が違います。

トラブルの種類よっては確かにオンプレミスのほうがトラブルが少ないかもしれませんし、簡単に復旧するかもしれませんが、対応力やトータルで考えると大規模のクラウドに預けたほうがよく、品質も安定します。ましてや業務利用ですと、トラブルのたびに経費が増減することもないので、クラウドのほうが維持費の捻出が楽なのかもしれません。

とはいえ、安定しないクラウドほど面倒なものはありません。例えば、スマートスイッチの連携でも、途中のクラウドの動作が安定しないとやっかいです。

動作をさせたつもりがうまく動かず、いろいろなことをやっているときに、遅延して動作するということも問題です。たとえばスマートキー。操作したつもりが動作せず、手動で操作したあとに、遅延して動作したらどうなるでしょう。意図せず鍵の開けっ放し、または締め出しをくらいます。その上に動作状況を確認する手段までも不安定になってしまったらと考えるとぞっとします。

スマートキーはいくつかありますが、どれも規模などから推察するとクラウドサービスを使っていると推測されます。いずれのスマートキーもクラウドサービスにトラブルがあれば巻き込まれる可能性があるということだけは覚えておいたほうがいいでしょう。

最初に戻りますが、クラウドを使わなかったとしても、それはそれでトラブルが発生して復旧が遅れたりするデメリットもあるのですから、現在ではクラウドを使うというのが最良の選択であるのは間違いないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください