気軽にそこそこの音で音楽を楽しむなら大きめのスマートスピーカーがコスパ良好のわけ

スマホの音楽配信サービスや、古くからの人はiTunesで音楽を管理し、iPhoneだけで音楽を聞いてる人も多いですが、部屋で少しいい音で聞くためにはBluetoothスピーカーを使うこともありました。それをスマートスピーカーにするとコスパも良くて便利です。

Amazon Echo製品は特価で売られていることが多いですが、時期を選べば少し大きい版でも5000円程度の特価になることもあります。スマートスピーカー機能だけなら最小版のAmazon Echo Dotでも問題ないのですが、もう少しいい音で聞きたいとなれば、大きめのほうがいいでしょう。Amazon Echoの場合、小さい版でもBluetoothに対応しています。

ということで、今はAmazon Echo(下から2番めに大きい)の従来世代モデルが安く売られています。買い時かもしれません。

ちなみに、Bluetoothスピーカーは大きさに比例しますが、けっこう高いです。そもそも、他のBluetoothスピーカーはポータブル用途でバッテリーを内蔵していることが多く、据え置きタイプで安価な製品が存在しないということもあり、部屋に置いておくのはスマートスピーカー代用がベターな選択になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください