スマートスピーカーで注目すべきはLINE Clova、なぜなら天気予報の応対が充実

スマートスピーカーはGoogle HomeかAmazon Alexaの事実上2択になっていますが、LINE CLOVAはぜんぜんダメかという意外に使えます。そこでLINE CLOVAも見直してみるといいと思います。

まず、大前提としてGoogle HomeやAmazon AlexaからLINE Clovaに置き換えるという話ではありません。スマートホームとしてもGoogle HomeかAmazon Alexaでないと使い物にならない面もあるので、すでにあるなら追加するということです。

LINE Clovaのなにが便利かというと天気予報の応対が充実しているからです。「今日の天気は?」と聞けば、天気予報をひととおり返してくれるのはGoogle HomeやAmazon Alexaも同じです。

しかし、LINE Clovaがすごいのは「今日の花粉は?」というのに対応しているほか、「雨が降るのは何時から?」「降水確率は?」といった細かい応対にも対応します。

情報が細かいだけでなく「降水確率は?」だけ聞けば「○○%です」だけ答えてくれるので時間短縮になります。朝、駅の電車の時刻が迫っていて1秒も惜しいときには便利です。

また、Google HomeやAmazon Alexaは「晴れのち雨」という予報だとしても何時から雨が降るのかは答えてくれません。画面付きスマートスピーカーなら画面に表示されますが、画面を見ないで声だけで情報がほしいときもあり、LINE Clovaなら降る時刻を答えてくれます。

また、LINEのメッセージの送受信にも対応します。音声でやりとりできるのもLINE Clovaならではの使い方です。

もし、スマートスピーカーに飽きてしまい、天気予報やニュースを聞くくらいしか使っていないなら、なおさらLINE Clovaが便利です。

そして、LINE Clovaの機器は、人気を反映して非常にお得に購入可能です。もっとも手軽なClova Friends miniでは2000円程度から手に入れることが可能で、少し大きくバッテリー内蔵のClova Friendsも少し高いくらいです。赤外線リモコンアダプターのClova Friends Dockがセットで売られていることもありますが、あまり金額が変わらないならセット購入がおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Clova Friends mini SALLY
価格:2180円(税込、送料別) (2020/6/3時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【キャッシュレスで5%還元】LINE Clova搭載スマートスピーカー Clova Friends SALLY
価格:2880円(税込、送料別) (2020/6/3時点)

楽天で購入

 

 

しかし、おすすめはもう少し大きいClova WAVEです。大きいといっても直径15センチほどの円柱で、デザインも部屋に溶け込みやすいものです。

上質なスピーカーを搭載しているだけでなく赤外線リモコンを内蔵しているので、Clova WAVEを買えばテレビなど赤外線系のリモコン操作ができるからです。Clova FriendsとClova Friends Dockの両方を買うよりも安くなることもあります。

スピーカーはBluetoothスピーカーとして使うこともでき、ペアリングも音声で指示できますので、手元のスマートフォンをさわるだけでペアリングして音楽再生が可能です。スマートフォンで聞ける音楽ソースならすべて対応することになります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CLOVA WAVE
価格:2980円(税込、送料別) (2020/6/3時点)

楽天で購入

 

 

さらに上位の画面付きのClova Deskがあります。LINEビデオ通話ができてしまうのはClova Deskだけです。ただし、価格が少し高いので気軽に買えないかもしれません。定価で2万8050円ですが、公式で1万円以下で放出していたこともあり、安く買える機会があるかもしれません。

なお、LINE Clovaでもスマート機器の操作は可能です。Smart Life系やeWeLinkと連動しないのは残念ですが、TP-LinkのCASA、Meross、そして岩崎電気のLink-S2に対応します。場合によってはこれだけで事足りるかもしれず、意外に便利なのかもしれません。

LINE Clovaから操作できるIoT機器はLink-S2のほかにTP-LinkやMerossなども

岩崎電気の「IoTスマートスイッチ Link-S2」を使ってみる【アプリ初期設定編】

【技適あり】Merossアプリを使うスマートプラグを購入 ~ 開封編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください