固定のインターネット回線が重要。光ファイバーはそんなに高くなく、楽天モバイルとセットで1年無料もあり

スマートホームを実現するにしても何にしてもインターネット回線は重要です。スマートホーム自体に回線速度も容量もそれほど必要ないですが、家でコンテンツを楽しむということもあるので、ある程度の速度と容量は必要です。

回線速度は10Mbps程度が安定して出ていれば問題ないですが、問題は容量です。実際、家族で動画視聴が多い場合は月間で数百GBになることはよくあります。また、オンラインストレージを使うような作業では、テラバイトまで達するかもしれません。

ですので、無制限とされる楽天モバイルのRakuten-UNLIMITで代用する方法も検討していますが、基本は光ファイバー回線を引いてくることがベストです。

光ファイバーは競争が激しいので特典をうまく利用

幸いなことに光ファイバー回線は競争が激しく、加入すると多大な特典が用意されています。すでに加入している人も乗り換えることで特典対象になることもあります。例えばNTT系からNTT系でも一部プロバイダー同士では特典対象です。場合によっては工事費がかからないぶん、特典が多くなることもあります。確実なのは光ファイバーの提供(フレッツ/auひかり/NURO)とプロバイダーも完全に違うところにすることです。

そして、今は特典が非常に多くなっています。たとえば、ふつうに加入して5万円ほどのインセンティブがあることは通常です。現金のキャッシュバックがそれほどなくても加入から1年間は無料や大幅に安いなどの特典もありますので、加入しないと損な状況になっています。

どこがおすすめかは話せば長くなりますが、プロバイダーにあまりにひどいのは存在しないので、加入特典などが終了した後の料金が一般的なところと、異常に長い長期契約を事実上強制するような契約やプランになっているのを避けていれば問題ないでしょう。

加入プロバイダーや代理店によって条件は異なる

そして、同じ回線、例えばNUROでもプロバイダーや代理店によって条件が異なります。キャッシュバック金額もさまざまですが、何が安くなってどれだけの負担がある上で、キャッシュバックがどれだけかまで算定しないといけません。

加入時に条件のオプションもただ毛嫌いするのではなく、加入期間の管理がうまくできるならトータルで得することもできますし、もしかしたら使ってみたら案外便利なサービスだったという可能性もあります。継続加入しなくても条件の数カ月だけ使ってみて十分楽しめるものもありますので、オプション加入を条件とされたら、それによるインセンティブの増額と支払う費用を計算してみることがおすすめです。







NUROは最近、IPv6関係で問題があると言う声もあります。その場合は無効にするなどしたほうがいいでしょう。

ケータイと会社をあわせるとお得に

NUROの場合は条件を満たすとソフトバンク回線の割引対象になりますが、ケータイと割り引きがリンクしやすいのはauです。物理回線がauひかりならプロバイダーがどこでも連携。携帯電話がauならauひかりを検討してみるといいでしょう。





ソフトバンク光もケータイと合わせると特典がありますが、NTTのフレッツ光を使ったサービスのひとつですので、auひかりよりも選択肢は狭まり、通常料金もauひかりよりも若干高めになります。ただ、フレッツ光のシステムのほうが自由度が高い面もありますので、好みならいいでしょう。



さらに無線系のサービスもありますが、光ファイバーとはだいぶ安定度などが異なるとされています。



そして、ドコモはドコモ光とセットで割り引きがあります。こちらはドコモ光でもプロバイダーいくつかあります。




楽天はケータイも1年無料だが、光ファイバーも1年無料

楽天モバイルのRakuten-UNLIMITは1年無料を使えばデータも通話も無制限で1年無料で利用可能ですが、Rakuten UN-LIMITのユーザーが楽天ひかりを申し込むと1年無料の特典がついてきます。

https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/hikari/?scid=wi_hkr_rmb_hikari0601_top_slider_pc

1年無料なだけでほかにキャッシュバックなどはないですが、計算すれば1年無料になるだけで戸建てなら5~6万円分の特典です。そして、楽天ひかりを申し込むことで自宅とその周囲が楽天モバイルのエリア「楽天回線」になる小型基地局が提供される条件になります。楽天ひかりがあるなら無線LANでWi-Fi接続すればいいんですが、楽天回線エリアになるというのは面白いかもしれません。

楽天モバイルの楽天回線を室内で使う宅内小型基地局「Rakuten Casa」の提供開始、個人でも0円提供、Wi-Fiホームルータとしても利用OK






いずれにしても、光ファイバーの固定回線は意外に低コストで導入可能です。2~3年の長期契約があり、特典終了後の通常は月額5~6000円ほどかかりますが、キャッシュバックなどのインセンティブと合わせ、低コストで利用することは不可能ではありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください