エアコン装備の際はネットリモコン装着を強くオススメ。既存メーカーでもけっこう安い

この暑さでエアコン屋さんフル稼働のような話もききます。エアコンクリーニングもいいですが、これを機会に新しくするという人も多いと思います。新しく設置するならネットリモコンを装備するを強くおすすめします。

ネットリモコンといっても遠隔でオン・オフができるだけですが、たいていのものは部屋や外気温などをモニターできます。それだけでも部屋の状況把握できるので便利で安心です。

エアコンをネットでリモコンというと新興メーカーのものが話題ですが、値段を調べると驚くほど安いわけではありません。既存のエアコンでもプラス1万円でネットリモコンが可能です。

たとえばアイリスオーヤマの2.2kWモデル、「IRA-2201W」を見ると、現時点で送料含んで4万5000円程度から、工事費込でも6万弱です。

 

 

その一方で2018年からシャープは全シリーズに無線LANを標準搭載していますので、アイリスオーヤマ同様にそのままでもネットリモコンできます。そうなると実績あるメーカーのもののほうが無難かもしれません。金額もあまり変わりません。

アイリスオーヤマは人感センサーがありますが、人がいないときに多少運転を和らげる程度で、左右の風向を自動調節する機能ではありません。左右の風向は手動です。シャープのはお得意の「プラズマクラスター」が付いています。

シャープ   AY-H22S-W

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【長期保証付】シャープ AY-H22S-W(ホワイト) H-Sシリーズ 6畳 電源100V
価格:56223円(税込、送料無料) (2018/8/6時点)

 

 

また、シャープの2018年モデル以前など他のエアコンは遠隔操作のユニットが別で必要になります。通常は1台あたり約1万円、パナソニックだけは最初の1台目が14000円ほどで2台目以降はプラス4500円ほどかかります。エアコンの価格からすると高めに感じますが、本来の空調機としての性能や耐久性、メンテナンス性、アフターサービスなどを考えると互角以上かもしれません。エアコンの良し悪しというのは、数年使ってみてわかるものだからです。

ちなみにパナソニックの普及機の最新2.2kWモデル、CS-F228Cなら4万7000円くらい、そしてリモコンを入れて6万円と少しで揃います。

CS-F228C

 

 

ダイキンは少し複雑です。アダプターの対応がWebサイトに明記されていないほか、最もベーシックなSシリーズ(家電店)、Eシリーズ(住設)はアダプターのほかに別途内蔵基板が必要になり、対応がわかりにくいです。それでもパナソニックと大差なく導入が可能です

S22VTES(住設向けモデル)

 

実際に価格を見てみると、ネットリモコン付きのエアコンを導入する場合、費用的にはあまり変わらない金額で実績あるメーカーの製品を買うことができます。そして、工事ですが、マイナーなメーカーの取り付けを依頼すると何かと面倒です。ただでさえメーカー間で取り付け方法が微妙に異なっているので、割高になったり、なれてないので取り付けが完璧でない場合があるからです。

自分でやれば同じだと言う人もいますが、構造上ひどいと思うメーカーはあるので、できれば良いメーカーのものを使いたいです。取り付けでプラスチックのバリで怪我をするなんてこともありますし、配管のスペースまわりの設計も違ってくるので、取り付けしやすさの面でも大きく差が出てくることになります。

そして、ネットリモコンは後から装着も可能です。エアコン本体だけ取り付けてもらい、後からリモコン設置だと費用的にも楽かもしれません。必要な技量はPCに増設ボードを装着する程度だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください