sonoffのWi-Fiリレー「Sonoff 4CH Pro」は何でも遠隔操作ができそう

中国メーカーのブランドであるSONOFFの製品は今、注目です。スマートコンセント/スマートプラグ/Wi-Fiプラグが注目されますが、もう少し簡単な制御もしたいところです。例えば、スイッチの電極を引っ張りだして、リレーでオンオフするような使い方です。最近は電子工作をする人が多くなったように思いますので、これだけでいろいろなモノの制御ができるのではないでしょうか。

電子工作ができるなら、ラズベリーパイ(Raspberry Pi)のGPIO端子からリレーをつないだりして、スイッチのオンオフをするかもしれません。しかし、ラズベリーパイの導入・設定からGPIO部分に接続するインターフェースの製作まで考えると、費用も手間もかかります。Linuxを全く触ったことがなければ、基本的なコマンド操作の作法を知らなければ、ネット上にたくさんある事例すら真似することができません。

そこでSONOFFの「Sonoff 4CH Pro」です。1c接点のリレーが入っており、スイッチで言う1回路2接点の操作がアプリからできます。これが4組あります。価格はだいたいAliexpressでは日本への送料込み2000円前後です。

Sonoff 4CH Pro & Sonoff 4CH Pro R2

例えば家なら電動シャッターのスイッチがありますが、スイッチから線を引き出して「Sonoff 4CH Pro」にも並列につなぎ、必要に応じて制御するということも可能です。開くのボタンを1秒くらい押して離す動作は自分で操作しないといけませんが、開閉が遠隔操作可能になります。

電子回路に詳しい人なら、コンデンサーを使って状態が変化したときに一瞬リレーをオンにするインターフェースを追加すれば、遠隔のスイッチを1組に減らすことができ、もっと効率的に操作できるかもしれません。

また、「Sonoff 4CH Pro」ではシャッター以外にも何か4つの回路のオンオフをしてもいいですし、2つを使ってモーターの両極をつなぎ、モーターの正転逆転を切り替えることもできます。

技適もないので、国内で正規に利用することはできませんが、スマートコンセントの正規品が登場しているので、こういったものが登場するのも時間の問題かと思います。

ちなみに国内でも共立電子から似たようなものがあります。この場合はリレーが1回路2接点が1つとPWM出力が1つです。PWM出力はパルス幅で実効電圧を可変するなどもできて面白いですが、基本的には同じネットワーク内の端末からWebブラウザから制御する形になります。サーバーとアプリがセットになって手軽に遠隔操作できるSONOFFの製品とはだいぶ異なるものになります。

Wi-Fiリレー KP-WIFIRY
http://eleshop.jp/shop/g/g402513/

さらに他にもありますが、実験用でもっと高額なものになり、個人が導入するには敷居が高いものになります。SONOFFの正規導入を待ちたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください