6kW普通充電の設備をつけたら電気代や契約はどうなる<リーフ e+対応> 三相交流もありなのか?

6kW普通充電の充電ケーブルやコンセント、分電盤までの配線が整ったとしても問題は電気の契約です。6kWというのはざっくり言うといわゆる60A契約の容量いっぱいを使い続けることになり、仮に60A契約なら他のものは全く使えないというくらいの状態です。

では、ブレーカーが落ちないように10kVAや12kVAの契約をしてしまえばいいと考えますが、そう簡単な問題ではありません。

まず、容量を上げれば上げるほど基本料金が高くなります。従量電灯Cの基本料金は1kVAあたり280円80銭(東京電力エナジーパートナー)ですので、2kVA上げることに月額561円60銭上がります。

ですので、基本料金は従量電灯Bの60Aが1684円80銭だったのが従量電灯Cの10kVAだと2808円になります。従量電灯BおよびCの電気の1kWhあたりのレートは同じですので、そこは変わりません。

4kVAぶんを上げたとしても月額では1123円20銭が高くなるだけで、無理に電流制限をするよりも契約容量を上げてしまったほうが簡単で、充電も早いと思うかもしれません。デルタ電子のQ-VECでいえばデマンドコントローラーを装着したり、もともと電流制御のある充電器を使うなどすれば費用もかかりますし、制御がかかればそのぶんだけ充電時間も長くなるので、いっそ上げてしまおうと思うかもしれません。

その際、問題になるのが幹線の太さです。家の外の引き込み線取付点から電柱までの電線の張替えは、東京電力なら無料でやってくれますが、引き込み線取付点から家側は自分の費用で工事をしなければなりません。それを取り替えるとなると、場合によっては家の壁を壊して中の配線を交換する必要があり、非常に大掛かりです。

最近の家なら14sqの電線で幹線が張られていますので、12kVAまで大丈夫なことが多いですが、新しいのになぜか8sqの幹線の家もあり、それだと60Aまたは6kVAを超える増量はできません。

そう考えると、単純に容量を上げるよりも家の電気使用量に応じた電流制限をするほうが現実的です。

実際に手続きは、幹線の太さだけ十分ならば、電力会社に増量を依頼するだけです。場合によっては申込書の必要があるかもしれませんが、実際の工事は電力会社にまかせておけば大丈夫です。

一方で、いわゆる「動力」と言われる3相交流電源を得る方法もあります。電力会社のメニューでは「低圧電力」とされているものです。3相交流を使った6kW普通充電ケーブルがありますので、これを3相交流に繋げばいいのです。電力の単価は15円/kwhほどで通常の電灯線契約の半分くらいと安いです。

事業者でなく一般家庭に3相交流の引き込みをやってくれるかどうかは電力会社次第です。3相交流をうまく契約できたとして問題があります。基本使用料が非常に高いということです。だいたい1kVAで1000円として6kWで契約したとして6000円。電費が6km/kWhのクルマを月1200キロ走ったして200kWh消費したとしても合計9000円です。

むしろ割高になり、もっと走行距離が多い人でないなら素直に電灯線契約を増容量したほうがよさそうです。

[追記]日本の普通充電で使われているSAE J1772/IEC 62196-2 Type 1のコネクターですが、よく見たら単相交流しか流せませんでした。三相交流の赤コネクターが電源で車両側がSAE J1772/IEC 62196-2 Type 1というケーブルも世の中には存在するのですが、これは三相のうちの2本から単相を引き出しているのかもしれません。そうだとすると相のバランスが問題となります。赤コネクターが付いて三相交流用の充電ケーブルで、車両側がSAE J1772/IEC 62196-2 Type 1のように見えて実はちょっと大きいIEC 62196-2 Type 2というものがあるのですが、これなら車両に三相を流し込めるかもしれませんが、このコネクターが付いている車両は日本にはありませんので海外通販で買うときは間違えないようにしてください。、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください