パナソニックからGoogle Home と 赤外線リモコンの一体機が登場、Google Home対応がじわじわ進む

パナソニックがGoogle Home推しなのはすでに書いていますが、Google Homeのスマートスピーカーと赤外線リモコンが一体になったワイヤレススピーカーシステム「コエリモ」SC-GA1が発売になります。価格はオープンプライスですが一部報道によると2万5000円程度だそうです。

https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/01/jn190123-1/jn190123-1.html

スマートスピーカー本体まで製品化してしまったので、もう完全にGoogle Home推しということでしょう。Amazon Alexaの対応はしないんでしょうか。一方でAmazon Alexaは内蔵機器を広げている最中です。

本来ならパナソニックほどのメーカーであれば、赤外線リモコンなんて不確実なものはしないで、家電を直接操作できる家電製品も同時に普及させてほしいところですが、現時点では現実的な選択なのでしょう。LEDシーリングライト「AIR PANEL LED THE SOUND」とはBluetoothで連携するので、まあこれは許せるところです。

そして、パナソニックが出す以上、パナソニックというブランドを盲信する一般大衆でもトラブルなく使える確実性はありそうですが、使いやすさや長期に渡って実用的かどうかについて未知数です。

赤外線リモコンの対応も、テレビはパナソニック(2005年発売以降)、ソニー、シャープ、東芝。エアコンはパナソニック(2003年発売以降)、コロナ、ダイキン、日立、三菱電機、照明はパナソニック(2011年発売以降 LED照明のみ)と、わりと狭い範囲です。パナソニックだけ発売年を指定しているのも気になります。

ちなみに、パナソニックのHEMSの商品名である「AiSEG2」のスマートHEMSについてはまだGoogle Home対応が行われていません。2018年度中ということなのであと2カ月ちょっとです。実際、AiSEGでシステムが組まれている家なんて少ないですから期待している人も待っている人もそれほど多くないのではと思います。

ちなみにパナソニックですので売れないとなったら値崩れも早く、Amazon Alexaのスマートスピーカーが激安で放出されるようなことが起こるかもしれまえん。そうしたお得かもしれません。期待しましょう。当初の実売2万5000円は微妙な値付けです。

家のスピーカーとして、BGM程度なら高級スマートスピーカーという手がある。例えばオンキョーのP3が5000円代とか

パナソニックのスマートスピーカー推しはGoogle Homeで決まりか? エアコンもIHもお風呂も照明も一気に対応か?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください