安く利用できる固定インターネット、ADSLは2月中で申込終了する

自宅の固定ネット回線のうち、格安で利用できたADSLの申し込みがまもなく終了します。IoT機器のためにも、容量を考えずに使うためにも安価な固定回線が欲しいという人は2019年2月28日までに申し込みする必要があります。

21世紀のはじめ頃にあれほど盛り上がったADSLですが、いまや新規加入ができるのはYahoo! BBのソフトバンク(とソフトバンクのADSL回線を使う提携プロバイダー)のみという状況です。Yahoo! BBはもちろんですが、関連する各プロバイダーも2月28日で申込受付を終了します。受付さえしてもらえば数年はこのまま利用できるほか、おそらくですが、数年後にADSLのサービス終了となった場合でも、多少有利な条件で別の回線へ乗り換えができるはずです。

http://kakaku.com/bb/

ADSLの強みはなんといっても料金です。NTTの従来ながらの電話線があってアナログ電話を使っていれば、月額2000円以下で利用が可能です。この安さ、他にはありません。光にしてしまった人も使い方によってはグレードダウンでコストカットするのもありでしょう。

そして、立会工事不要というのもADSLの特徴です。その反面、不安定などと言われてきましたが、特に戸建て住宅では家の外壁に何かを付けたり、線を新たなに引くことなく、ADSLモデムを電話回線につなげば接続できる簡便さはADSLの強みです。

ただし、月額1000円台から利用できるADSLですが、アナログ電話回線が必要ということもあり、アナログ電話回線がない家は4000円近くなり割高です。であれば4000円程度のモバイル回線利用の固定回線(SoftBank Air/auスマートポートなど)でもいいのかもしれません。携帯電話の割引条件にもなることを考えれば、ADSLにこだわる必要もなくなります。

なお、今、Yahoo! BBを申し込むとバリュープランとなりますが、ソフトバンクの携帯電話が月額1000円安くなる「おうち割」の対象となり、12カ月間は1000円引きの対象です。

また、そのほかに格安SIMのデータ回線と固定設置用のモバイルルータを使う方法もあります。

スマートホームには自宅に置いておく回線が必要。安いのは月額1000円くらいから

それでも、比較的安定していて安価な定額の固定回線を申込できるのはあと少し。ADSLが自分に合っているという人は急いだほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください