ドコモが5Gを使った月額4950円の家庭用ネット回線サービス「home 5G」を8月下旬開始

ドコモが5Gを使った無線の固定通信サービス「home 5G」を開始すると発表しました。m無線を使ったサービスなので、光ファイバーのような工事が不要で、機器を置いて電源をつなぐだけで利用可能なサービスです。

月額料金は4950円。スタートは8月下旬予定。利用には「home 5G」対応端末として「home 5G HR01」が必要になります。その他の5G対応機器も使えるのかどうかは不明です。キャンペーンなどがなければ、初期費用は機器代がほとんどを占めることになります。

5G対応のサービスですが、4G LTEでも利用可能です。ですので、日本全国ほぼどこでも使えるサービスです。ドコモの5Gは他社に比べてエリア展開が一歩リードしていますので、5Gの高速で低遅延なサービスを自宅で使い放題という人も多いと思います。

初期コストを左右する機器である「home 5G HR01」ですがシャープ製で、無線LAN側はWi-Fi 6に対応です。有線LANポートも1口ついています。同時接続台数として無線側が64台、有線側が1台となっています。有線LAN側は1ポートだから1台と言っていてハブなどで増やすことは可能のはずですが、本当に1台しか繋げないようになってるかもしれませn。

容量は無制限ですが、「当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。」とされており、データ量が多めの場合は速度規制が予定されています。どんな基準で制限されるかは明確でないのですが、毎日動画漬けの家族が複数いるような環境では規制される可能性は高いです。数値が明確にされてない以上、多めが予想される人は初期に利用開始したユーザーの声を待ってから利用したほうがいいでしょう。

なお、「home 5G」のサービスでは2年契約や高額違約金は設定されていません。同様のLTEを使った他社サービスでは現在でも高額違約金が設定されていることとは違います。そのため、端末価格を安くするキャンペーンや高額キャッシュバックは見込めない可能性があります。

逆に端末さえ確保できれば、利用しやすいサービスと言えるでしょう。

参考:https://www.nttdocomo.co.jp/home_5g/charge/






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください