壁スイッチのSONOFF Touchを買ってみた ~分解編

スマートプラグ/スマートスイッチのラインナップ豊富なSONOFF(ITEAD Intelligent System)の壁スイッチ「SONOFF Touch」が届きました。壁につけようと思ったのですが、ちょっとしたことがあって分解編です。

接続する端子はこのようにネジ止めするようになっていますが……。

真鍮製なのかネジが弱いです。普通の電気工事の感覚で締めたら折れてしまいました。

仕方ないのでこのまま分解です。装着時にはフレームを外して、フレームを最初に壁に付ける必要があります。そこになぜか封印があります。一度使ったかどうかを確認するためでしょうか。

フレームを外しました。

続いてこじると表面のパネルが外れます。

こちらが基板。

基板は2枚です。ピンヘッダのたった4ピンで接続しており、右が無線などすべての機能を持っていて、左は電源とリレーがあるだけ。配線はこちらに接続します。

左は電源回路と端子、リレーだけです。

タッチ側の基板にはさらにモジュールが載っています。このモジュールですべての制御をしているんだと思われます。折れたネジのところはなんとかしたいと思います。

装着編へつづく

壁スイッチのSONOFF Touchを買ってみた ~登録・設定してみた

壁スイッチのSONOFF Touchを買ってみた ~開封の儀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください