壁スイッチのSONOFF Touchを買ってみた ~開封の儀

スマートプラグ/スマートスイッチのラインナップ豊富なSONOFF(ITEAD Intelligent System)ですが、そのまま壁のスイッチにしてしまった機種の「SONOFF Touch」が届きました。2種類あり、86mm×86mmのスイッチサイズのEU版と日本のサイズに違いUS版がありますが、US版を選択しました。さらにこのほかに2個3個とスイッチ個数が多いモデルもあります。

SONOFFのいつものデザインの箱です。USと書いてあるので長方形のものとなります。

箱にサイズが書いてあります。長方形とは言っても横型なのが残念なところ。タテに設置すると格好悪いかもしれません。

箱には本体、インストール説明、品質保証タグだけ。いつものSONOFF製品と同じです。

スイッチの表面はガラスです。ビニールが貼ってありました。

ガラスの厚みはこのくらい。耐久性も高そうですし、タッチする場所だけに掃除を繰り返しても樹脂に比べれば傷はつきにくいです。

裏面です。枠をはずして枠だけ壁に装着、その後、本体をはめ込みます。

これが配線部分。電源の両極を接続し、電灯へは非接地側が出力されます。Nが接地側でLが非接地側です。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください