DC系の電源制御に便利な「Sonoff SV」届いた

Sonoff製品はどこまでが本当のラインナップかよくわかりにくいのですが、AC電源系だけでなくスイッチだったりDC系の制御だったりといろいろなバリエーションがあります。Sonoff SVは12Vバッテリーを使って動かすような場合に便利で、Sonoff Basicの12V版というようなものです。

購入すると基板だけです。ターミナルブロックもついてないので、使うためにははんだ付けが必要です。

12Vをつないで試してみましたが、Sonoff Basicと同様に動きました。アプリから見えるアイコンも同じです。

5Vで使うときはDC-DCコンバーター回路をショートさせて使うので、下記写真の左側のピンヘッダをショートさせます。また、リレーで入り切りするものと、この基板の動作電源を独立させるには、左のピンヘッダの両側の0Ωのチップ抵抗を外して、右のピンヘッダに基板の電源を供給します。

正確な情報は下記の製品ページの説明を見るといいでしょう。

Sonoff SV Safe Voltage WiFi Wireless Switch Smart Home Module Support Secondary Development
https://www.itead.cc/sonoff-sv.html

ターミナルブロックが付いていたほうがいいなら、こっちもあります。こちらは、リレーを別のスイッチをリレーで置き換えて制御する目的ですが、モードを設定してリレーで電源を入り切りするように配線すれば同じことができます。

1 Channel Inching /Self-Locking WiFi Wireless Switch 5V 12V
https://www.itead.cc/wireless/inching-self-locking-wifi-wireless-switch.html

Amazonで手に入るものでは、これの5V専用品しかないです。5Vで使うならこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください