家のスピーカーとして、BGM程度なら高級スマートスピーカーという手がある。例えばオンキョーのP3が5000円代とか

 音楽を聞くというと昭和の時代は38センチウーハーのあるシステムコンポでしたが、今やスマホ。しかも、低音増強をはじめ音質向上技術によって小さめのスピーカーでも高音質。しかも、スマートスピーカーだと一石三鳥くらいになって便利。さらにそれが5000を目指したものが特価で売られています。

例えばオンキョーのP3はAmazon Echoを買うつもりならこっちでしょう。今なら特価で5000円代で売られています。AmazonでもGoogleでもスマートスピーカーは、大型タイプならそこそこの音楽干渉に耐える性能を持っていますが、さらにその上、もともと3万円弱で売られていたモノなのでスピーカーだけで2万円オーバーの性能を持っていると想像するとわかりやすいと思います。

これを置いておけば、ステレオの広がる音が……というのもなければ、置型の小型スピーカーで十分という時代です。しかも、Amazon Echo並のスマートスピーカー機能を持っていて、他との多彩な連係も可能です。

ちなみに、ステレオにしたければ、これを2台買ってステレオペアモード設定するという方法あります。安いからこそできる技ですね。

おそらく、高級タイプのスマートスピーカーは時期尚早であまり市場に受け入れられていないんだと思いますが、せっかく安く売られているなら、高級タイプの据置スピーカーを購入したつもりで買っても損はないように思います。

外部入力も付いていますしいろいろな活用ができるのではないでしょうか。

なお、今はオンキョー製でなく、Amazon純正の小さいほうのEcho Dotや大きめのEchoも特価です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください