楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」でモバイルルータで通信しながら別のスマホで「Rakuten UN-LIMIT」の通話をする方法

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」を家の固定回線に使えないかという検討のひとつ、「Rakuten UN-LIMIT」のデータ通信は家の固定回線代用に使い、その「Rakuten UN-LIMIT」の電話番号は別のスマートフォンで使ってしまおうということですが、非公式ですができました。


「Rakuten UN-LIMIT」はデータ通信も通話も無制限で使い放題の文字通りアンリミットなサービスです。データ通信が使い放題というのは、楽天回線のエリア内にあることが前提なので、まだ、楽天回線のエリアでないという人は残念ながらデータの使い放題の恩恵はあまりないですが、通話のし放題というのは楽天回線のエリアでなくても可能です。

そして、そのデータと通話はひとつのスマホで完結しないとならないと普通は考えますが、「Rakuten UN-LIMIT」では通話はRCSという仕組みを使うため、通話をするスマートフォンに必ずしも通話の電話番号のSIMが入っていないくてもできることがあります。

そこで、分離する実験をしてみました。これが実現すると、データ通信部分はモバイルルータにSIMを入れて使い、電話番号の通話は別のスマートフォンで使うことができ、スマートフォンは持ち歩いたり、家に置いておいて通話し放題の固定電話がわりとして使えます。

設定にSMSが受信できる電話機がもう1台と、別のデータ回線が必要です。

まず、通常どおり「Rakuten UN-LIMIT」に対応したスマートフォンを用意し、通常どおり「Rakuten UN-LIMIT」を使い始めます。そして、Rakuten Linkアプリを入れて認証し、Rakuten Linkの通話ができるようにしておきます。ここまでは楽天モバイルの説明のとおりです。指示どおりに開通させておくこともポイント還元にも必要な条件ですので、必ず案内に従ってやっておきます。すでに使っているなら大丈夫です。

次に、「Rakuten UN-LIMIT」のSMSが受信できるスマートフォンなどを用意します。対応機種となっていれば、より確実です。

「Rakuten UN-LIMIT」のSIMを通常使うスマートフォンのRakuten Linkを開き、設定画面から「ログアウト」します。この作業はしなくても大丈夫ですが、ログアウトしないでログインをしようとすると不具合が生じるとしているので、念のためです。

通常使うスマートフォンから「Rakuten UN-LIMIT」のSIMを抜き、SMS受信用のスマートフォンに差し替え、SMS受信ができるようにします。

元のスマートフォンに別のデータ回線のSIMを挿入し、Rakuten Linkを起動します。インターネットができればなんでもかまいません。データ通信専用SIMでも問題ありません。

前の手順でログアウトしないまま、別のSIMをさしてRakuten Linkを起動するとこの時点で自動でログアウトされます。どちらにしろログアウトするのは同じです。ここでいったんログアウトしてないと、通話とSMSがRakuten Linkから開放されず、別のSMS受信用スマートフォンに「Rakuten UN-LIMIT」のSIMをさしてもSMSが届かないことになります。

最初の契約画面を進めます。

認証画面になると、まず、別のデータ回線の電話番号が入っているので、それを「Rakuten UN-LIMITの電話番号に書き換える。+81から始まるので、090……なら90から入力します。

「送信する」をタッチすると、SMSが送信されます。

続いて、「Rakuten UN-LIMIT」のSIMが刺さった別のSMS受信用スマートフォンに表示される認証コードを確認する。

元のスマートフォンの認証画面に、SMSで届いた認証コードを手入力する。

 

「送信する」をタッチでRakuten Linkが使えるようになるので、発着信が正常にできるか確かめる。

SMS受信用スマートフォンから「Rakuten UN-LIMIT」のSIMを抜き、モバイルルータへ差し替え、モバイルルータで、「Rakuten UN-LIMIT」のAPN情報を設定します。これはパソコンから見たAterm MR04LNの画面です。

これで通信開始です。念のため、接続確認サイトで確かめます。

きちんと通信でき、IPv6にも対応していることが確認できました。

こちらで設定して24時間ほど経過しましたが、問題なく元のスマートフォンで電話番号による発着信ができ、モバイルルータも通信ができています。

なお、これは非公式な方法です、楽天モバイルに問い合わせるなどして、やぶへびにならないように。そして、公にすればするほどこの方法が塞がれる可能性がありますので、やるならこっそりやるようにしてください。



話題の楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」を家の固定回線として使うには?

MNOになった楽天モバイルを早速試す、モバイルルータでも一応利用OK

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」でモバイルルータで通信しながら別のスマホで「Rakuten UN-LIMIT」の通話をする方法” に対して7件のコメントがあります。

  1. プロシュート より:

    今回も有益な記事をありがとうございます。たしかに非公式ですね…この記事のフローどおり進め、当方も分離化に成功しました!
    本題と離れてしまいますが、当方はIPv6に対応していない、と表示されます。エレ夫さんと同じUN-LIMITのWIFI環境なのに、なぜでしょうか…?

    1. 電気仕掛けの家 電気仕掛けの家 より:

      MR05LNの接続先設定(LTE/3G)で、接続方式は「IPv4/IPv6」を選んでますでしょうか。

      1. プロシュート より:

        確認したら選んでました。他の設定箇所でしょうか…

        1. 電気仕掛けの家 電気仕掛けの家 より:

          ほかはわかりません。

          1. プロシュート より:

            色々やってみましたが、ダメでした。明日、楽天かNECに確認してみます。

  2. simesaba0141 より:

    対策されてしまったようですね。SIMを挿し替えると「違うSIMを検出したのでログアウトした」と言うメッセージが表示されるようになりました。

    1. 電気仕掛けの家 電気仕掛けの家 より:

      それは最初からではないでしょうか。RakutenのSIMをさしてRakuten Linkをログインしている状態から、他のSIMをさせばそうなります。
      紹介している手順では他の機種でSMS受信して再認証しています。
      少し追記します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください