「SONOFF MINI R2」オルタネートスイッチと組み合わせが便利な小型スマートスイッチの新バージョン

SONOFF MINIがいつのまにか新バージョンとなっていました。SONOFF MINIR2となっており、細かいところが変更になっています。

確認した限りの変更点は本体から延びていたアンテナがなくなったのと、端子が色分けされて接続の際に間違えにくくなったところの2点です。

「SONOFF MINI」壁スイッチのボックスの埋め込みに適したスマートスイッチ【購入】

https://www.itead.cc/sonoff-mini.html

箱は非常に小さく、本体がほぼジャストサイズで入っています。

本体です。端子が色分けされています。グレーの部分にスイッチを接続します。

深センのSonoffテクノロジーの製品と書いてあります。

モデル番号が書いてあり、R2であることが明記されています。定格は100~240Vで10Aが最大です。

ケースははめ込みで、爪でこじればすぐに開けられます。

基板表面です。アンテナ線が出てない以外は従来モデルとほとんど同じですが、タクトスイッチ横のジャンパピンがなくなりました。

基板裏面です。こちらにプロセッサなどが付いていいます。従来モデルとは若干回路が変わっていますが、動作は同じだと思われます。

統合チップはESP8285です。ESP8266の派生モデルです。

従来モデルですとアンテナがありましたが、別途アンテナがないなら基板上にアンテナのパターンがありそうですが、確認できておりません。どこかにアンテナに相当するものが付いていると思われます。

なお、設定等は従来モデルと全くかわりません、。ファームウェアのバージョンも現時点で3.6.0で、従来モデルも同じ3.6.0です。

「SONOFF MINI R2」オルタネートスイッチと組み合わせが便利な小型スマートスイッチの新バージョン” に対して6件のコメントがあります。

  1. さとう より:

    はじめまして。
    いつも参考にさせていただいております。

    sonoff mini について購入を検討しております。

    コンセントから電源が引き出せた場合、接続するN線はコンセントのNのみで問題ないのか?と悩んでおります。
    ★勿論、同一のブレーカーによりオンオフできるものとして。

    NiにパラレルでコンセントのN線を接続すればと言うことです。
    電気的な接続だと問題ないように感じるのですが、なにか認識違い有りますか?

    1. 電気仕掛けの家 より:

      コメントありがとうございます。
      どちらも同一の分岐ブレーカーから来てることが確実であれば、問題ないと思います。

      1. さとう より:

        お返事ありがとうございます。
        度々の質問で申し訳ありません。

        そういうことであればスイッチ付近へ、直近の同一ラインのN/Lを引き込むことが出来れば、この機器の実装はクリアできるということでしょうか?

        その場合、過去のコメントにあったような「容易ではない」ようなイメージに沿わず…
        小生、電気工事士免許のみ取得(10年以上前に…)している素人ですので実配線上で何か見落としがないかを懸念しております。

        何をもって難しいと判断するか、ではあると思いますが笑

        1. 電気仕掛けの家 より:

          何を重視するかで難易度が変わってくるのですが。
          単に線を引くにしても壁の中を線が簡単に通るかどうか、通らないならどこまで内装を壊してやり直すかとか、露出で妥協するかなどさまざまです。電気工事の範疇じゃない部分も多いと思います。
          同一の線を引くにしてもわかってる人は大丈夫ですが、確かめ方から実際にどうやって引くか、分岐させるなども、その現場に応じた工夫が必要です。
          それと、SONOFF miniの接続部分は基板付きのターミナルブロックなので、VVFの線を接続してボックスに押し込むときに物理的に耐えられるかどうかなど、そういった点も注意や工夫が必要になる点かと思います。

  2. 今野 より:

    最近、スマートスイッチに興味があるので良く拝見しております。窓用シャッタースイッチなどの設置の機会があれば是非参考にしたいです。

    1. 電気仕掛けの家 より:

      コメントありがとうございます。電動シャッターに限らず、電気的なスイッチのあるもののなら、そこの物理スイッチに汎用のリレーリモコンのものを組み合わせれば動作すると思われます。
      問題はこれをどこに設置して、壁のスイッチからどうやって線を引き出す改造をするか、そして、この電源をどうするかになります。
      露出で美観を妥協すればどうにでもなりますが、そうもいかないと思います。
      https://sumahome.jp/archives/4496

さとう へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください