スマートスピーカーとエアコンは赤外線でなくて純正を組み合わせを待ったほうがいいのか?

暑くなるとエアコンが欲しくなる季節。シーズン初めには調子が悪かったりして新しくしようという人は多いはずです。そこで考えるのはエアコンのスマートスピーカーなどの連動です。しかし、今はまだ赤外線リモコン経由が一般的です。一部で赤外線を経由しなくても動作するようになっていますが盛り上がりません。なぜでしょうか。

いくつか理由がありますが、リモコン対応機種が非常に限られていることと、費用がかかること、できることに制限があることなどです。

まず、Amazon Alexa対応の富士通ゼネラルです。
https://www.fujitsu-general.com/jp/products/aircon/smart-speaker/index.html

 

 

 

それ以外は現在ないようですが、2018年度中の予定でHEMS経由となりますが、Google HomeとパナソニックのスマートHEMS・AiSEG2が連携する操作できるようになります。

対応エアコンはパナソニックだけでなく三菱電機も含まれます。ダイキンもAiSEG2対応ですがなぜかリリース時の一覧には含まれていません。そこは謎です。

https://news.panasonic.com/jp/press/data/2018/01/jn180116-1/jn180116-1.html

メーカー純正の対応ですと、安全のためにできることに制限が加えられている可能性があります。ですが、どちらもスマートスピーカー経由で温度調整やオフだけでなくオンもできるようですし、赤外線経由に比べて遜色はなそうです。

スマートスピーカー経由で操作ができるということは、ネット接続機能を備えるということもあり、同時にアプリから遠隔操作ができることを意味します。

結論としては、スマートスピーカーの対応だけなら赤外線機能でなんとかなりますが、遠隔でオンすることも純正でもできそうです。急いで導入するなら無理に遠隔対応にすることもないですが、ゆっくり検討するならHEMSの導入(事実上、パナソニック一択ですが)などいろいろな面から選ぶことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください