もうすぐ3月11日なので、やっておきたいこと

あの震災から10年がたちます。毎年同じことを書いてもしょうがないのですが、感震ブレーカーは重要です。簡易的なものもありますが、やはりおすすめは分電盤取り付けのパナソニックのBQX702です。

3.11に備えて感震ブレーカー(BQX702)を分電盤に導入した~購入編

3.11に備えて感震ブレーカー(BQX702)を分電盤に導入した~装着・設置編

自分のところも取り付けていますが、幸いにしてまだ動作したことがありません。

また、前述の記事では取り付け方向設定について書いてないのですが、工場出荷時のそのままでも動くことがありますが、動作しなかったり、復帰ができなかったりするので、必ず設定する必要があります。
詳しくは施工説明書を見てほしいのですが、やり方は、解除/テストボタンを押しながら主幹ブレーカーを音し、電源表示灯が点灯してから3~6秒後の間に解除/テストボタンを離します。ピーッ、ピーッとブザーが2回慣れば取り付け方向設定は完了です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック BQX702 地震あんしんばん 感震遮断ユニット
価格:12760円(税込、送料別) (2021/3/10時点)

楽天で購入

 

 

このほかに、離れた場所にある家などが無事か、簡易的に知る方法があります。スマートプラグなどを設置しておけば、電気やネット回線が正常であるかどうかを確認できます。プライバシー的な問題がなければ、ネットワークカメラの設置もありでしょう。

スマート機器をつかって、地震などの安否確認を多少便利に

【開封編】パンチルト ネットワークWi-Fiカメラ Tapo C200を買ってみた

あまり手間や費用をかけなくても、震災などで有効に使える機器はけっこうあるものです。ぜひ、有効活用してみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください