HS105もいいけどSONOFF Basicに勝るものなし? 上電スイッチの設定は超便利

国内版が発売されたことでTP-Link HS105が盛り上がっていますが、個人的には使い勝手はSONOFF Basicなのかなという気がしています。価格や接続方法のことを除いたとしても。

最大の理由は設定で、SONOFF Basicごと電源を切った後、再び電源を入れた際にスイッチをオンとして起動できることです。

スマートスイッチのSONOFF Basic 買っちゃいました ~シーリングライト埋込編

アプリやスマートスピーカーから操作してスイッチがどっちの状態でも、壁でスイッチを切れば電灯は消え、再度壁のスイッチをオンすれば点灯する。これができるのはSONOFF Basicだけのようです。

具体的な設定方法は、スイッチの設定で「上電スイッチ」を「上電のオン」にすることです。

TP-Link HS105ですと、HS105への電源供給を断った状態を覚えているだけの状態に固定です。どういうことかというと、アプリでスイッチオフした状態だと、元の電源をどういう状態にしてもオンにならず、本体の押しボタンを押さないとオンになりません。

手の届くところにHS105があればいいですが、手の届かないところに置いたり、シーリングライトに内蔵したりするとアプリ操作をしなければならなくなります。これ、じわじわと不便になってきます。

なお、SONOFF BasicでHS105のように状態を保持するなら上電スイッチを「上電保持」とすればHS105のような挙動になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください